皮膚科|池袋の皮膚科・サンフラワークリニック 豊島区役所 東池袋

皮膚科

キービジュアル

皆様の皮膚科「かかりつけ医」です
Family doctor

写真

当クリニックの皮膚科では皮膚疾患全般にわたる診断と治療を、基本的に保険診療にて行います。
当クリニックは患者様の声にしっかりと耳を傾け、丁寧な診察とわかりやすい説明を心掛けております。ご自身の病気についてよく理解し、安心して治療を受けられるよう、患者様にご満足いただける良質な医療を提供いたします。
地域にお住まい・お勤めの皆様の皮膚科“かかりつけ医”でありたいと考えておりますので、どんな些細な皮膚の悩みやトラブルも、お気軽に相談にいらしてください。

皮膚を通して全身を診療
Examine the whole body

「皮膚は内臓を映す鏡」という言葉を耳にしたことがおありかと思います。皮膚は内臓を包み込んでいる大きな袋のようなものですから、内臓・諸器官の発するサインがよく表れてきます。内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合い、皮膚症状として現れてくることが少なくないのです。
小さな皮膚病変を検査しているうちに、思わぬ内科的疾患が見つかるケースもありますので、皮膚の異常が見つかりましたら、早めに受診してください。

患者さんに多く見られる症状・疾患

・湿疹 ・かぶれ ・痒み ・アトピー性皮膚炎 ・じんましん ・ニキビ ・水虫(足白癬) ・虫さされ ・巻き爪 ・ほくろ ・いぼ ・やけど ・けが(外傷) など

皮膚のことなら何でもご相談ください
Please talk about anything

上記のような皮膚疾患以外にも、日頃のスキンケアの悩みや乾燥、肌荒れなど、皮膚のことで少しでも気になることが出てきましたら、何でも遠慮無くご相談ください。
皮膚科専門医として、一人一人に合ったスキンケア法をアドバイスいたします。

健康的な生活を送ることが基本
Basics of life

写真

皮膚疾患の原因には、様々なものが挙げられますが、特に日常生活の過ごし方が大きな影響を与えています。脂っこいものや甘いものを食べ過ぎたり、睡眠不足やストレスフルな生活を送ったりしていると、皮膚トラブルを招きやすくなります。
栄養バランスのとれた食生活をし、夜更かしを避けて十分な睡眠をとり、適度な運動を心掛けましょう。ストレスを溜め込まないよう、上手に気分転換を図ることも大切です。また、紫外線を過剰に浴び過ぎることも皮膚ダメージにつながりますから、日傘や帽子をうまく利用して日焼け対策を講じることも肝心です。
こうした一見あたり前のような健康的な生活を送ることが基本となって、皮膚疾患の予防、および治療に、とても良い影響を与えるのです。

保湿剤によるスキンケア
Skin care

健康な肌には、角層(皮膚の一番外側)による「バリア機能」が備わっており、水分の蒸発や外部からの刺激を阻止し、皮膚を守ってくれています。しかし、皮脂や天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質(セラミド)など、皮膚内の水分を保つ物質が不足して皮膚がカサカサと乾燥した状態(ドライスキン)になると、角層が剥がれて隙間が生まれ、微生物や化学物質、紫外線、摩擦などによる刺激を容易に受けるようになってしまいます。ここで大切になってくるのが、保湿剤によるスキンケアです。
保湿剤は、皮膚の水分が逃げないように表面に膜をつくったり、皮膚に水分を与えたりしてくれます。ご自身のお肌に合った保湿剤を毎日塗って、皮膚の健康を守りましょう。
保湿剤の使用にあたっては、皮膚がやや湿っている時に塗るのが効果的なので、例えば入浴後5分以内に塗るのがお勧めです。また、保湿剤を塗る前に、化粧水などでお肌を軽く湿らせておくと、より保湿効果が得やすくなります。塗る際には、手のひら全体を使って、やさしく丁寧に広げましょう。お肌がしっとりするくらいまで塗るのが、大まかな塗布量の目安です。

受診にあたって
On consultation

  • 初診、および月初めの受診の際は、有効期限内の健康保険証(コピーは不可)をお持ちください。
  • 就・転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、新しい保険証を受付にご提示ください。
  • 住所や電話番号など、健康保険証の内容に変更が入った際は受付にお知らせください。
  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。
  • 再診以降、当クリニックの「診察券」は受診の都度、お持ちください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • 高熱やひどい下痢、繰り返す嘔吐など、強い症状がある際は受付にお申し出ください。
  • 現病歴(いつ頃から、どんな症状が現れているのか)や既往歴(今までにかかった主な病気)、アレルギーの有無、ご家族の病歴などについてお教えいただき、また健(検)診結果や各種検査結果、血圧手帳や糖尿病連携手帳などをお見せいただくと、診察がスムーズに進みます。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をお見せください。
  • 受診の際は、なるべく上下に分かれた服装でお越しください(ワンピースやボディスーツですと、診察の妨げになる場合があります)。
  • 当クリニックでは、「個人情報」の取り扱いには、スタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。
クリニックについて

クリニックについて

about clinic

診療科目:
皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科
住所  
〒171-0022
東京都豊島区南池袋二丁目45番3号
としまエコミューゼタウン2階
電話  
03-3982-3303
アクセス:
電車電車でお越しの方
  • 池袋駅:徒歩7分
  • 東池袋駅:地下鉄通路で直結 改札から徒歩3分、1番口方面
  • 都電雑司ヶ谷駅:徒歩3分
  • 東池袋四丁目駅:徒歩3分
バスバスでお越しの方
  • 国際興業バス 池07系統 「豊島区役所」バス停下車徒歩2分
  • 都バス 都02乙系等・草63-2系統「東池袋一丁目」バス停下車徒歩3分
診療時間表:
診療時間
09:00~
13:00
14:30~
18:00
休診日:日曜日、祝日
△…手術日のため一般診療はお受け出来ません

水曜日:小林医師
土曜日:担当医変更の場合がございます。お知らせまたはお電話にてご確認下さい。

地図をクリックすると拡大縮小できます。

地図