湿疹、乳児脂漏性湿疹|池袋の皮膚科・サンフラワークリニック

湿疹、乳児脂漏性湿疹

キービジュアル

湿疹
eczema

湿疹とは、痒みを伴う皮膚の炎症のことです。ここでは、子どもによく見られる湿疹について説明します。

乳児湿疹
Infantile eczema

写真

乳児期に、皮脂腺の多い頭や額、こすれる部分を中心に黄色いフケが出たり、カサカサした紅斑ができたりする疾患です。診断にあたっては、症状から判断しますが、乳児アトピー性皮膚炎との区別が困難なケースがあります。
原因はまだ明らかになっていませんが、皮脂を分泌する脂腺という器官が活発に活動する部位に見られることから、皮脂による刺激や、ヒトの毛包脂腺系に常在するマラセチアという真菌(カビ)が関与しているものと考えられています。
小児では生後1ヶ月頃から皮脂の分泌が亢進しますが、この頃から乳児湿疹は発症し始め、頬、額、耳の周辺などに赤いブツブツができてきます。しかし、6ヶ月頃からは次第に消えていきます。
症状に気づいたら、まずは皮膚科を受診しましょう。入浴時には強くこすらないように気をつけながらよく洗い、皮脂の付着を減らします。炎症が強い時には、ステロイド外用薬を使用します。

乳児脂漏性湿疹
Infantile seborrheic eczema

生後2~3ヶ月ぐらいまでの乳児は、ホルモンの影響もあって皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。この皮脂が過剰に分泌されることによって起こる皮膚トラブルが、脂漏性湿疹です。おでこや頭部、耳の周辺、股部、わきの下など、皮脂線の多い場所にできやすく、湿疹はカサカサしたものから、ジュクジュクしたもの、分厚いクリーム色のかさぶたが付着するものまで様々です。
乳児脂漏性湿疹は乳児期によく見られる一過性の変化なので、正しくケアすれば、それだけで改善することもあります。しかし、ひどくなって膿んでくるようになったら、治療が必要になってきます。
皮膚の常在菌であるマラセチアに対するアレルギー反応が悪化因子として疑われる場合は抗真菌薬の外用を行い、炎症が強い場合は短期的にステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬を併用します。

クリニックについて

クリニックについて

about clinic

診療科目:
皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科
住所  
〒171-0022
東京都豊島区南池袋二丁目45番3号
としまエコミューゼタウン2階
電話  
03-3982-3303
アクセス:
電車電車でお越しの方
  • 池袋駅:徒歩7分
  • 東池袋駅:地下鉄通路で直結 改札から徒歩3分、1番口方面
  • 都電雑司ヶ谷駅:徒歩3分
  • 東池袋四丁目駅:徒歩3分
バスバスでお越しの方
  • 国際興業バス 池07系統 「豊島区役所」バス停下車徒歩2分
  • 都バス 都02乙系等・草63-2系統「東池袋一丁目」バス停下車徒歩3分
診療時間表:
診療時間
09:00~
13:00
14:30~
18:00
休診日:日曜日、祝日
月曜~金曜:鳴海院長、土曜:小林医師

地図をクリックすると拡大縮小できます。

地図