小児の主な疾患|池袋の皮膚科・サンフラワークリニック 東池袋

小児の主な皮膚疾患

キービジュアル
  • 湿疹、乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹

    子どもや乳児によく見られる、痒みを伴う皮膚の炎症のことです。

    詳しくはこちら

  • おむつかぶれ、あせも

    おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが生じたり、汗をたくさんかいた後に、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことです。

    詳しくはこちら

  • 小児アトピー性皮膚炎

    年齢によって皮脂の分泌量が異なるため、症状も異なってきます。アトピーの原因は人によって様々ですが、特に多いのがダニやハウスダストです。

    詳しくはこちら

  • じんましん

    みみず腫れのような、膨らんだ赤みがみられ、通常は数十分から数時間で症状が治まるのが特徴です。

    詳しくはこちら

  • 水いぼ(伝染性軟属腫)

    伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。幼少児によく見られ、特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎のある患者さんに多く見受けられます。

    詳しくはこちら

  • いぼ(尋常性疣贅)

    ウイルスの感染によって、子どもの手や足の裏にいぼができる病気です。小さな傷口があると、そこから感染して発症してしまいます。

    詳しくはこちら

  • とびひ(伝染性膿痂疹)

    皮膚への細菌感染によって発症し、人から人へとうつる疾患です。特にアトピー性皮膚炎の患者さんはとびひにかかりやすいので、要注意です。

    詳しくはこちら

  • 手足口病

    口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る感染症です。子どもを中心に、主に夏季に流行します。

    詳しくはこちら

  • りんご病(伝染性紅斑)

    両ほおに紅斑が生じることを特徴とし、幼児・学童に多い急性のウイルス性疾患です。ほっぺがりんごのように赤くなることから、りんご病と呼ばれます

    詳しくはこちら

クリニックについて

クリニックについて

about clinic

診療科目:
皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科
住所  
〒171-0022
東京都豊島区南池袋二丁目45番3号
としまエコミューゼタウン2階
電話  
03-3982-3303
アクセス:
電車電車でお越しの方
  • 池袋駅:徒歩7分
  • 東池袋駅:地下鉄通路で直結 改札から徒歩3分、1番口方面
  • 都電雑司ヶ谷駅:徒歩3分
  • 東池袋四丁目駅:徒歩3分
バスバスでお越しの方
  • 国際興業バス 池07系統 「豊島区役所」バス停下車徒歩2分
  • 都バス 都02乙系等・草63-2系統「東池袋一丁目」バス停下車徒歩3分
診療時間表:
診療時間
09:00~
13:00
14:30~
18:00
休診日:日曜日、祝日
△…手術日のため一般診療はお受け出来ません

水曜日:小林医師
土曜日:担当医変更の場合がございます。お知らせまたはお電話にてご確認下さい。

地図をクリックすると拡大縮小できます。

地図